Now Reading
サンフランシスコ発のシューズブランド「ALLBIRDS」が待望の日本上陸。

サンフランシスコ発のシューズブランド「ALLBIRDS」が待望の日本上陸。

ALLBIRDS(オールバーズ)、サステナブル、シューズ、エシカル
2020年1月10日、サンフランシスコ発のサステナブルなシューズブランド、オールバーズ(ALLBIRDS)がいよいよ日本上陸を果たす。
ALLBIRDS(オールバーズ)、サステナブル、シューズ、エシカル
店舗外観イメージ。

2016年、米・サンフランシスコにて誕生したオールバーズ(ALLBIRDS)は、サッカーの元ニュージーランド代表であるティム・ブラウンと、バイオテクノロジー専門家のジョーイ・ズウィリンガーがタッグを組んだシューズブランド。長年スニーカーを愛用してきたティムは、従来のシューズブランドにみられる大きなブランドロゴや、ケミカルな素材といったスニーカーのあり方に疑問を持ち、自身が生まれ育ったニュージーランドのメリノウールの優れた特性と可能性に着目した。

そんな彼は、ジョーイと共同で、快適性や持続可能性、そしてデザイン性を兼ね備えたメリノウールのスニーカーを制作。今やブランドのシグニチャーともなっている「ウールランナー(Wool Runners)」は、最高級のメリノウール、そしてシューレースに再生ポリエステルを使用。また、インソールには石油ではなくヒマシ油を用いて炭素排出量を抑えるなど、環境に配慮した生産を行なっている。

ADVERTISING
ALLBIRDS(オールバーズ)、サステナブル、シューズ、エシカル
シューズ「Tree Runners」/オールバーズ allbirds.jp

軽量で快適、そして洗濯機での丸洗いが可能なオールバーズ(ALLBIRDS)のスニーカーは、最新のテクノロジーを生み出すシリコンバレーで支持を得た後に、環境活動家でもある俳優のレオナルド・ディカプリオの投資で、国外からも注目を集めるブランドへと発展した。

現在では、ユーカリの木の繊維を用いたメッシュ構造の「ツリー(Tree)シリーズ」や、サトウキビ由来のGreen EVA素材を靴底に採用した「ウールランナーアップ(Wool Runner-up)」など、エコフレンドリーな素材の開発を続け、5シリーズがラインナップしている。

See Also

ADVERTISING

世界中に14の店舗を構える同ブランドは、2020年1月10日に、待望の第1号店となるコンセプトストアを東京原宿にオープンする。ブランドの世界観を表現した店内には、オールバーズ(ALLBIRDS)のすべてアイテムが並ぶ予定。年始は、シューズボックスにサステナブルなスニーカーを逸品プラスして、一年をスタートしてみては!?

オールバーズ(ALLBIRDS)
WEB: www.allbirds.jp



Scroll To Top