Now Reading
NY発のベビーブランド「リトル・ギフテッド」、アーティスト@emilyisabellaとのコラボアイテムを発表。

NY発のベビーブランド「リトル・ギフテッド」、アーティスト@emilyisabellaとのコラボアイテムを発表。

little gifted、オーガニックコットン、キッズ&ベビーウェア、サステナブル、エシカル
11月1日、リトル・ギフテッド(LITTLE GIFTED)がNY在住のアーティスト、エミリー・イザベラ(Emily Isabella)とのコラボコレクション「Hudson Valley Collection by @emilyisabella」の発売をスタートする。

リトル・ギフテッド(LITTLE GIFTED)は、アートギャラリーが立ち並ぶニューヨークのチェルシー地区からインスピレーションを受けた『架空のアートギャラリー』。品質はもちろん、「デザインに対するリスペクトも大切にしたい(Respect for design while never sacrificing quality )」という想いのもと、1歳になるベビーを育てるママが、2019年に立ち上げたブランド。赤ちゃんの肌に触れるアイテムは、オーガニックコットン100%のガーゼ素材を使用するなど、現役ママならではの目線を活かしたコレクションを手がけている。

一方で、同じくニューヨーク在住のエミリー・イザベラ(Emily Isabella)は、テキスタイルデザイナー兼イラストレーターとして活躍している。フェミニンで繊細なディテールに、ユーモアを交えたデザインが特徴だ。祖父の代から親子三代アーティストという家系に生まれ、美大でテキスタイルデザインを専攻し、後に独立。抜群の色彩センスを持つ彼女だが、ケイト・スペード ニューヨーク(KATE SPADE NEW YORK)や、アンソロポロジー(ANTHROPOLOGIE)クレイト&バレル(CRATE AND BARREL)などのブランドにもデザインを提供している。

ADVERTISING

コラボレーション第2弾となった今回のコレクション「Hudson Valley Collection by @emilyisabella」は、エミリーが8年前にニューヨークシティから移住してきた、緑豊かなNY州北部のハドソン・バレーにちなんでいる。デザインには、Baby Shower(ベビー・シャワー)、Driving Home(ドライビング・ホーム)、 Fruits Picnic(フルーツ・ピクニック)と名付けられた3つのパターンが加わった。また、素材には環境にやさしいオーガニックコットン100%が使用され、ガーゼ素材のなかでも網目が細かくて柔らかな生地を厳選。デリケートなベビーも安心で快適に過ごすことができる。ママもベビーもハッピーな気持ちになるアイテムを、ベビーシャワーのギフトや出産祝いの参考にしたい。

See Also



リトル・ギフテッド(LITTLE GIFTED)
Mail: info@littlegifted.com
Web.:www.littlegifted.com
エミリー・イザベラ(Emily Isabella)
Web.:www.emilyisabella.com
Scroll To Top