Now Reading
第2回ヴィーガン・ファッションウィークがLAにて開催!

第2回ヴィーガン・ファッションウィークがLAにて開催!

vegan fashion week, サステナブル、エシカル、ヴィーガン・ファッション・ウィーク
10月10日〜15日の期間、LAにてヴィーガン・ファッションウィーク(V/FW)が開催された。今年の2月に次ぐ2回目となったイベントでは、ショーやエキシビジョンが行われ、アパレルだけでなく、シューズ&バッグブランドやコスメブランドも最旬コレクションや新アイテムを発表した。
ヴィーガン・ファッションウィーク(V/FW)、サステナブル、エシカル、2020年春夏コレクション
Photo: The Hendrys

今年の2月1日〜4日まで開催された第1回ヴィーガン・ファッションウィーク(V/FW)では、NY発のヴィーガンブランド、エンダ(ENDA)や、セレブにも人気のシューズブランド、ミンク(MINK)らのコレクションが発表され、話題を呼んだ。大成功を納めた2月に続き、第2回目となった今シーズンのテーマは、「ファッションは、“アクティビズム(実行主義)”」で、ファッション・イマジネーション・倫理・生態学・科学・技術を探求することがコンセプトとなった。

ヴィーガン・ファッションウィーク(V/FW)の創設者で、フランス出身のエマニュエル・リエンダ(Emmanuelle Rienda )は、2008年に渡米し、ファッションPRとして活躍。しかし、2016年を境にベジタリアンからヴィーガンへ転じたことがきっかけで、ヴィーガンファッションを推奨するスタイリストの活動を開始した。2018年10月、LAにてThe Future of Fashion Conferenceを開催した彼女は、その6ヵ月後の2019年2月に初のヴィーガン・ファッションウィーク(V/FW)を実現することとなった。

ADVERTISING
ヴィーガン・ファッションウィーク(V/FW)、サステナブル、エシカル、2020年春夏コレクション
Photo: The Hendrys

ヴィーガン・ファッションウィーク(V/FW)では、動物を殺さない・傷つけないといったクルエルティフリーや、動物愛護をはじめ、環境にやさしいファッションの向上を目的としている。上質なアニマルフリーのレザー素材は、ファッション界のメインストリームでも注目されつつあるが、V/FWで発表されるレザーアイテムは、もちろんすべてフェイクレザー。また、サステナブルな観点から、プラスチックやポリウレタンといった原料を避け、生分解可能な自然に優しいマテリアルや、安全な化学物質を利用した人工のヴィーガンレザーなどが取り入れられている。

さらに、コスメブランドが行なっている動物実験を懸念し、ショーで使用されるメイク&コスメ類は、すベてヴィーガンでクルエルティフリー(動物実験しない)。スウェーデン発のマリア・ニラ(MARIA NILA)や、ビバリーヒルズ発のジョヴァンニ(GIOVANNI COSMETICS)などが使用された。

ヴィーガン・ファッションウィーク(V/FW)、サステナブル、エシカル、2020年春夏コレクション
Photo: The Hendrys

また、エキシビジョン会場では、エンダ(ENDA)パトリック・マクダウェル (PATRICK MCDOWELL)などのアパレルブランドをはじめ、フォン・ホルツハウゼン(VON HOLZHAUSEN)ジェナ ST.(JENAH ST.)などのバッグブランドが新コレクションを展示した他、ヴィーガンフードやオーガニックドリンクなどを試食・試飲することができ、全体を通してホリスティックにヴィーガニズムを体験できるイベントとなった。また、日程は決定していないものの、次回は2020年の3月開催を予定しているそうだ。

ADVERTISING

エキシビジョン会場にて展示されたブランドの一覧はこちらから!

See Also

ヴィーガン・ファッションウィーク(V/FW)、サステナブル、エシカル、2020年春夏コレクション
Photo: The Hendrys



ヴィーガン・ファッションウィーク(V/FW)
www.veganfashionweek.org 
Photos: Loli Laboureau, The Hendrys

 

Scroll To Top