Now Reading
ドクターマーチン、ヴィーガンレザーで売上が急伸。

ドクターマーチン、ヴィーガンレザーで売上が急伸。

DR.MARTENS
シューズブランドのドクターマーチン(DR.MARTENS)が、「ヴィーガン・コレクション(VEGAN COLLECTION)」の成功で、ブランドの利益が70%増加したと報じられている。
ドクターマーチン(DR.MARTENS)、ヴィーガンレザー、合皮、サステナブル、エシカル、ナチュラル
ヴィーガンブーツ「1461」 ¥24,840(税込)/ドクターマーチン www.drmartens.com/jp Photo by Instagram/@drmartensofficial/Dr. Martens

2017年に、動物性の素材を一切使用しないヴィーガン・フレンドリーなコレクション「VEGAN COLLECTION」を発表したドクターマーチン(DR.MARTENS)。同社の発表によると、今年3月末までの1年間の利益が70%増加し、8500万ポンド(約109億円)となっている。また、オンラインの売上高が約30%伸びて7200万ポンド(約92億5000万円)となり、総収益の16%を占めている。『Guardian』誌は、成功の理由をヴィーガンシリーズのシューズが強力な後押しとなっていると報じた。

ブーツブランドとして長年支持されてきたドクターマーチン(DR.MARTENS)だが、そのヴィーガン製品は、アッパーのレザーを合成ポリウレタンプラスチックに置き換えたもの。ブランドのDNAでもあるエアクッションソールや、イエローステッチはそのまま残し、レザー部分に耐久性の高いヴィーガンレザーが使用されている。

ADVERTISING

アイコン的存在の定番モデル、3ホールシューズ「1461」や、ブローグシューズ「3989」などが、ヴィーガンシリーズとして発表されており、最高経営責任者CEOのケニー・ウィルソン(Kenny Wilson)氏によると、レザーの使用による動物や環境への影響に対する消費者の関心が高まっているなか、ヴィーガンブーツが同ブランドの売り上げの4%を占めるようになったという。

See Also
ALLBIRDS(オールバーズ)、サステナブル、シューズ、エシカル

また、他にもセックス・ピストルズや、デザイナーのマーク・ジェイコブスとのコラボレーションや、キッズ向けコレクションなどが人気の秘訣だといわれており、典型的なドクターマーチン(DR.MARTENS)のブーツからの脱却が成功の理由としてあげられる。

ドクターマーチン(DR.MARTENS)
www.drmartens.com/jp
Scroll To Top