Now Reading
バリーがエベレストの環境保全を目指した廃棄物回収活動を支援!

バリーがエベレストの環境保全を目指した廃棄物回収活動を支援!

スイス発のラグジュアリーブランド、バリー(BALLY)が、世界の山々とその周辺の地域社会の環境を保全するために、ピーク・アウトルック・プロジェクト(PEAK OUTLOOK PROJECT)を開始した。
バリー(BALLY)、ピーク・アウトルック・プロジェクト(PEAK OUTLOOK PROJECT)、エベレスト、サステナブル、エシカル、ナチュラル
Photo: Samir Jung Thapa

長期的な取り組みであるピーク・アウトルック・プロジェクト(PEAK OUTLOOK PROJECT)を始動したバリー(BALLY)は、活動初年度となる今年、地球最高峰のエベレスト周辺の廃棄物回収活動を支援したそうだ。

エベレストベースキャンプ(5,380m)と、山頂(8,848m)にかけて広がる美しい自然の復元を求め、ネパール人登山家ダワ・スティーブン・シェルパが率いる経験豊富な登山家とガイドを含むチームは、今年の4月から5月にエベレストの清掃活動を行った。このプロジェクトには、1953年にエドモンド・ヒラリー卿とエベレスト初登頂の偉業を成した、テンジン・ノルゲイの息子ジャムリン・テンジン・ノルゲイも参加した。

ADVERTISING
バリー(BALLY)、ピーク・アウトルック・プロジェクト(PEAK OUTLOOK PROJECT)、エベレスト、サステナブル、エシカル、ナチュラル
Photo: Samir Jung Thapa

バリー(BALLY)は、人体に必要な酸素量が1/4だという高度8,000メートル以上のエリア、通称“死のゾーン”をクリーンアップするミッションを支援。ダワ・スティーブン・シェルパのチームは、合計で1トン以上の廃棄物除去に成功し、5月21日(現地時間)にエベレスト山頂に達した。

世界中から登山者が訪れるエベレストだが、2019年シーズンには約1,200人が世界最高峰へと続くキャンプを利用。キャンプや頂上エリアの清掃活動はこれまでも実行されてきたが、クライミングシーズンの終わりにも行われたのは今年が初めてだった。

Tシャツ、バリー(BALLY)、サステナブル、エシカル、ナチュラル
オーガニックコットン(GOTS認証)のTシャツ ¥15,000/バリー(BALLY) 03-6264-5471

また、バリー(BALLY)は、ピーク・アウトルック・プロジェクト(PEAK OUTLOOK PROJECT)の立ち上げを記念して、カプセルコレクションを発表予定。売り上げ利益のすべてが、これからの登山クリーンアップ活動に使用されるという。第一弾となるコレクションでは、GOT認証のオーガニックコットンに、スローガン「No Mountain High Enough」のプリントがあしらわれたユニセックスTシャツが限定発売。予約も開始されている。

ADVERTISING
See Also
biople, ビープル バイ コスメキッチン(Biople by CosmeKitchen)、サステナブル、オーガニック、エシカル、ヘルシー、サプリ

Photos: Samir Jung Thapa

BALLY 銀座店
住所:東京都中央区銀座5-2-1
tel.:03-6264-5471
www.bally.jp


Scroll To Top