Now Reading
免疫力を高めるステップとおすすめサプリ。

免疫力を高めるステップとおすすめサプリ。

TVや新聞を含む多くのメディアでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のニュースが途絶えず、毎日にようにネガティブな報道が続いています。多くの医師が予防法を発信している一方で、その内容がメインストリームで伝えられていないのが現実。今後、第二波が来るといわれているなか、私たちはどのように対策を取ればいいのか。TV番組「虎ノ門ニュース」に出演していた石黒成治医師は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)はもちろん、風邪全般に対する免疫力の高め方や予防法を解説。そのシンプルな内容の要点を振り返って、感染に備える参考にしてみてはいかがでしょうか。

悪化を防ぐには、風邪のひき始めがポイント。取るべき対応とは?

Photo: Kinga Cichewicz on Unsplash

石黒氏によると、風邪の悪化を防ぐためには、ひき始めの行動が鍵だという。免疫力や抵抗力を上げ、初期段階で素早く治すための、3点をチェックしてみよう。

1. 寝る。

人間の体は、心臓から血液を送り出しており、血液中には免疫細胞や炎症に対抗する物質が多く含まれている。そのため、風邪を引いたときには、心臓をうまく働かせるためのサポートをしなければいけない。横になり、寝ている必要があるということだ。“寝ること”のもうひとつのポイントは、人間の体が寝ている間に風邪を治す神経伝達物質であるメラトニンを出していること。睡眠を誘発する神経伝達物質として知られているメラトニンだが、強力な抗酸化物質でかつ免疫力を調節・向上する物質でもある。メラトニンを有効に出すためには、部屋を暗くして寝ている必要があるそうだ。

2. 布団に包まって汗をかく。

感染初期には、だるさを感じ、熱が出ることは誰もが知っていることだが、人間は、免疫力を高めるために熱をだしていると石黒氏はいう。体温が上がることで、白血球などの活動性や殺菌性が上がる。よって、熱を出すことをサポートするためには、布団に包まっている必要がある。

ADVERTISING

3. ビタミンDを取る。

「感染症=栄養」という訴える医師は多いが、石黒氏もそのひとり。その栄養とは、ビタミンDのことだ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関しては、ビタミンDが一定数ある人が、重症化せず、90%以上の人が軽傷に終わっているという論文も出ているほど。ビタミンDは、肉類やきのこ類に含まれるが、食材から取ることを意識しすぎるのではなく、太陽を浴びることが推奨されている。ちなみに、紫外線による肌へのダメージが気になる人は、日光を浴びた後にビタミンCを摂取することをお忘れなく。ビタミンCには、シミの原因となるメラニンの生成などを抑える働きがあるので、レモン汁などを飲んでおきましょう。

予防に強力な役割を果たす栄養素。

スムージー、健康
Photo: Brooke Lark on Unsplash

免疫力を高める方法や、感染初期の対処法を理解したところで、予防に効果的な食材や風邪を引いたときの食事&ドリンクについても確認しておこう。

風邪を予防するために、そして、感染期間をなるべく短くするためには、ビタミンCが重要な役割を果たすと石黒氏は語った。「ビタミンCは、血液のなかのリンパ球に著しく含まれる。よって、ウイルスと戦う戦士でもあるリンパ球にとって、最も必要な物質が、ビタミンC」ということになる。食品だと、オレンジやレモンといったシトラス系のもの。また、パプリカやブロッコリーにも多く含まれる。ビタミンCが豊富なキウイフルーツに至っては、極めて効果的な食べ物として知られている。他にも、ピーマン・ゴーヤー・菜の花・柿にも多くのビタミンCが含まれているので、積極的に摂取しておきたい食材だ。

スーパーグリーンズ カプセル、ビタミンB12、オーガニック、サステナブル、健康
オーガニック カムカム パウダー(100g) ¥5,800/サンフード sunfoodsuperfoods.jp

ビタミンCは感染症に効果的だが、食事からの摂取が難しいという人や、日頃からビタミンCが不足していると感じる人は、サプリメントに頼るのも◎。できるだけ有機栽培されたものを取り入れるように心がけて、足りない栄養素を補っておきましょう。

スーパーフードのパイオニア的存在でもあるサンフード(SUNFOOD)が、手がけている有機サプリメントは、オーガニックスーパーやウェブストアで容易に入手が可能。なかでも、ビタミンCが豊富なカムカムベリーを含んだ「オーガニック カムカム パウダー」は、美容や健康をサポートしてくれる強い味方だ。カムカムベリーとは、ペルー・アマゾン川流域の熱帯雨林が原産地で、レモンの約110倍ものビタミンCが含まれているといわれる果実。他にも、カルシウムやアミノ酸、ポリフェノールを含有する。無農薬で栽培されたカムカムの実を、アマゾンの先住民が手摘みし、低温乾燥させて粉状にした貴重なローパウダーは、免疫力アップに貢献し、健康を維持するだけでなく、アンチエイジング効果も発揮。お好みのスムージーやジュース、ヨーグルトに混ぜて取り入れてみてはいかが!?

ADVERTISING
See Also

食事&ドリンクの正しい認識。

Photo: Hans Vivek on Unsplash

風邪を引いたときには、体温を調節するためや、脱水症状を避けるため、十分な水分を摂取することが求められる。ここで注意しておきたいのは、冷水を飲まないこと。体温を下げないよう、白湯が適している。また脱水状態になると、免疫が働きにくくなるため、適度な塩分を摂ることも必要だそうだ。

食事に関して、“美味しいものを、しっかり食べて寝る”といわれることがある。これは正しい認識だろうか。人間の免疫細胞の70%が腸に配置されているため、腸の働きは常によくしておく必要がある。食事の量を増やすことで、腸を働かせてしまうと、免疫力が衰える。そのため、“しっかり食べる”のではなく、“しっかり栄養を摂る”ことがポイント。もちろん、普段から便秘・下痢を繰り返している人は、要注意。腸の環境が良好でない可能性があるので、健康的な食生活に切り替えて、日頃から腸の状態を良くしておきましょう。

Dr. 石黒成治
Web: http://1585d24b2ff6c449.main.jp
Twitter: @JCRCS
Scroll To Top