Now Reading
スパイス・ガールズのエマ・バントンが手がけるベビーブランド「KIT & KIN」って?

スパイス・ガールズのエマ・バントンが手がけるベビーブランド「KIT & KIN」って?

Emma Bunton
ベビー・スパイスことエマ・バントン(Emma Bunton)が発信するエコフレンドリーなブランド、キット・アンド・キン(KIT & KIN)エシカルなおむつや、オーガニック素材のウェアなど、ベビー&キッズのためのサステナブルなアイテムは、自然派ママ&パパならチェックしておきたい。
キット・アンド・キン(KIT & KIN)、エマ・バントン、スパイス・ガールズ、Emma Bunton
Emma Bunton

90年代に一世を風靡したイギリス出身のガールズグループ、スパイス・ガールズのベビー・スパイスとして知られるエマ・バントン(Emma Bunton)。TV&ラジオの司会をこなし、ユニセフの親善大使にも任命されている彼女は、2017年に、キット・アンド・キン(KIT & KIN)をスタートした。

肌に触れる成分の多くが皮膚に吸収されているといわれているにも関わらず、肌を刺激しないナチュラル素材のベビー&キッズ製品が少なかったこと、そして、イギリス本国で1日に捨てられるおむつが、800万個を超えるという事実に衝撃を受けたというエマ。子育てをする傍、キッズ&ベビーウェア界で15年もの経験をもつクリストファー・マネー(Christopher Money)とともに、持続可能なおむつの代替品を開発することとなった。

ADVERTISING
キット・アンド・キン(KIT & KIN)、エマ・バントン、スパイス・ガールズ、Emma Bunton
おむつ「eco nappies」/キット・アンド・キン kitandkin.com/collections/nappies/products

持続可能性(Sustainability)・パフォーマンス(Performance)・快適さ(Comfort)・可愛さ(Cuteness)といった4つのキーワードに重きをおき、子育てをするママやパパがストレスなく、安心して使用できる製品をプロデュースしている。

ローションや香料などの化学薬品をできる限り使用しないことにこだわっているキット・アンド・キン(KIT & KIN)のおむつには、管理された持続可能な森林から収穫された、塩素漂白をしていない綿状パルプを採用。フロントパネルやテープ部分、漏れを防止するバリア部分、そしてパッケージは、すべて生分解性素材だ。また、動物保護団体のPETAの一員でもあり、生産を通して動物実験を一切行っていない。

キット・アンド・キン(KIT & KIN)、エマ・バントン、スパイス・ガールズ、Emma Bunton
オールインワン £21.99/キット・アンド・キン kitandkin.com/collections/clothing

エシカルな製品作りや環境保護だけでなく、脅威にさらされている地域に住む人々の生活を改善することにも力を注いでいるキット・アンド・キン(KIT & KIN)。グアテマラでは、現地パートナーのFUNDAECOの協力のもと、自然保護団体のWLT(World Land Trust)とともに、同国の山脈地域シエラ・サンタ・クルスのコミュニティ開発プロジェクトに携わっている。

ADVERTISING

シエラ・サンタ・クルスは、アメリカ大陸で最も貧しい先住民族コミュニティが住んでいる場所でもあり、特に母親や子どもの教育&健康基準が低い。そのため、同地域に住む女性のヘルスケアおよび家族計画クリニックを援助。また、ウェアや食料、交通費を奨学金として提供し、子供たちの生活や教育を支援している。

See Also
サステイナブル、エシカル、パフジャケット、コート、クルエルティフリー、アニマルフリー

キット・アンド・キン(KIT & KIN)、エマ・バントン、スパイス・ガールズ、Emma Bunton
クレンジング「ヘア&ボディウォッシュ」/キット・アンド・キン kitandkin.com/collections/skincare

キット・アンド・キン(KIT & KIN)では、おむつやベビーウェアの他にも、柔らかくて丈夫な100%植物由来の素材・遺伝子組換えでない持続可能なトウモロコシ由来のワイプも販売。また、敏感肌に適したクレンジングやボディオイルなど、厳しい審査基準をクリアしたコスモス認証のスキンケアも登場。アニマル柄のキュートでエコフレンドリーなベビーウェアや、自然派のナチュラルスキンケアで、ストレスフリーな子育てを実現して。

キット・アンド・キン(KIT & KIN)
WEB: kitandkin.com
WLT(World Land Trust)
WEB: www.worldlandtrust.org



Scroll To Top