Now Reading
ボルト・スレッズ × ステラ・マッカートニーが実現する次世代ラグジュアリー。

ボルト・スレッズ × ステラ・マッカートニーが実現する次世代ラグジュアリー。

Stella Mccartney, Dan Widmaier
タンパク質から人工的に製造したクモの糸(マイクロシルク)や、キノコの菌糸体からレザーの代替素材マイロ(Mylo)を開発し、サステナブルなファッションに貢献しているボルト・スレッズ(BOLT THREADS)ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)や、アディダス バイ ステラ マッカートニー(ADIDAS BY STELLA McCARTNEY)の新コレクションでも同社のテクノロジーがファッション界の根源的なニーズに応えていることを実証した。そんな次世代ラグジュアリーの基盤となる天然資源や細胞・タンパク質由来の素材とは!?

鉄の5倍の強さを誇る合成スパイダーシルクのネクタイ。

マイクロシルク、ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)、サステナブル、エシカル、ナチュラル、オーガニック、ダン・ウィドマイヤー(Dan Widmaier)、ボルト・スレッズ(BOLT THREADS)
人工クモの糸(マイクロシルク)で作られたネクタイ。© BOLT THREADS, Photo: Kevin Tiell

これまで、“ラグジュアリー”という言葉は、レザーやダイヤモンドのような特定の天然素材と密接に結びついてきた。しかし、技術の進歩は、人工的な代替品を用いた“ラグジュアリー”という定義の道を切り開いている。そんな人工素材を展開するバイオテクノロジー企業の先駆者ともいえるのが、米カリフォルニア発のボルト・スレッズ(BOLT THREADS)だ。

2009年に設立された同社は、より環境汚染の少ない科学的製造方法(グリーンケミストリー)を実践。天然タンパク質と再生可能な原材料を用いて、持続可能な高性能繊維と生地を生み出すことで、繊維市場に革新的な変革をもたらしている。

ADVERTISING

最高経営責任兼共同創設者のダン・ウィドマイヤー(Dan Widmaier)は、ワシントン大学で化学の学士号を取得し、2010年にカリフォルニア大学で化学および化学生物学の博士号を取得。同僚らとともに、人工的なクモの糸(マイクロシルク)の生産に着手し、クモの巣からDNA配列を抽出することで、人工合成に成功した。2017年には、酵母から作られているにも関わらず、柔らかく、鉄の5倍の強さを誇るという合成スパイダーシルクを用いたネクタイを制作。その後、マイクロシルク(Microsilk)と、ランブイエウール(メリノウールに似た羊毛)を混合させたビーニー(限定品)を展開した。

ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)、ダン・ウィドマイヤー(Dan Widmaier)、ボルト・スレッズ(BOLT THREADS)、サステナブル、エシカル、ナチュラル、オーガニック
マイクロシルクとランブイエウールを混合させたビーニー。© BOLT THREADS

ファッション界でマイクロシルク(Microsilk)を取り入れている代表的なブランドは、ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)で、2017年の7月にボルト・スレッズ(BOLT THREADS)とのパートナーシップを締結。デザインにマイクロシルクを取り入れたコレクションを、パリコレで発表した。また、ボルト・スレッズ(BOLT THREADS)は2016年にパタゴニア(PATAGONIA)との契約にも調印している。

レザーにそっくりなマイロ(Mylo)とは!?

ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)、ダン・ウィドマイヤー(Dan Widmaier)、ボルト・スレッズ(BOLT THREADS)、サステナブル、エシカル、ナチュラル、オーガニック、ヴィーガンレザー、合皮
マイロ(Mylo)を用いたステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)のミニケース。© BOLT THREADS

ボルト・スレッズ(BOLT THREADS)が開発に成功した人工素材は、マイクロシルク(Microsilk)だけではない。キノコの菌糸体細胞からレザーによく似た素材マイロ(Mylo)を生み出している。マイロ(Mylo)は、皮革のような見た目としなやかな質感を持つバイオ素材。菌糸体(マイセリウム)とは、キノコの上部ではなく地中に広がる根の構造だ。植物由来であり、染色において有害な化学物質が必要でないといった特性もあるため、環境に優しい合皮である。

ADVERTISING
サステナブル、エシカル、ナチュラル、オーガニック、マイロ(Mylo)、BOLT THREADS、ヴィーガンレザー、合皮
マイロ(Mylo)を使用したトートバッグ「ドライバーバッグ」。© BOLT THREADS

また、ボルト・スレッズ(BOLT THREADS)は、2018年6月にオリジナル高級バッグを発売し、9月にはCHESTER WALLACE(チェスターウォレス)とのコラボで、自社ブランドのトートバッグ「ドライバーバッグ」を発表。ユニセックスのトートバッグは、見た目だけでなく、レザーのような質感や触り心地を誇り、耐久性も革そのものだという。

See Also
サステイナブル、エシカル、パフジャケット、コート、クルエルティフリー、アニマルフリー

アディダスとのコラボでテニスウェアを発表。

アディダス バイ ステラ マッカートニー(ADIDAS BY STELLA McCARTNEY)、ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)、ダン・ウィドマイヤー(Dan Widmaier)、ボルト・スレッズ(BOLT THREADS)、サステナブル、エシカル、ナチュラル、オーガニック
アディダス バイ ステラ マッカートニー(ADIDAS BY STELLA McCARTNEY)の2019-20年秋冬コレクションで発表されたテニスウェア。© BOLT THREADS

7月5日(現地時間)、ウィンブルドン選手権に合わせて2019-20年秋冬コレクションを発表したアディダス バイ ステラ マッカートニー(ADIDAS BY STELLA McCARTNEY)では、ボルト・スレッズ(BOLT THREADS)のマイクロシルク(Microsilk)&セルロース配合繊維で構成されたテニスウェア(写真:スペイン人プロテニス選手のガルビネ・ムグルサが着用)が注目を集めた。

ADVERTISING

さまざまなコラボレーションで、次々と新企画を発表してきたボルト・スレッズ(BOLT THREADS)だが、世界の繊維製品の廃棄物が年間約9200万トンにのぼると言われるなど、衣類による環境破壊が懸念されるなか、これからも新素材を開発し、サステナブルなファッション界における次世代ラグジュアリーをリードしていくことが期待される。

ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)、ダン・ウィドマイヤー(Dan Widmaier)、ボルト・スレッズ(BOLT THREADS)、サステナブル、エシカル、ナチュラル、オーガニック
ステラ・マッカートニー(Stella McCartney )とダン・ウィドマイヤー(Dan Widmaier)。© BOLT THREADS

Editor: Moe Tsukamoto

Scroll To Top