Now Reading
ナチュラル美容の最前線「CBDオイル」の入門ガイド。

ナチュラル美容の最前線「CBDオイル」の入門ガイド。

CBDオイル、サステナブル、スキンケア、安眠、オーガニック、不安症
2017年頃から、キム・カーダシアン・ウェストやエマ・ロバーツをはじめ、ハリウッドセレブやミレニアルズを中心に支持を集め、ブームとなっているナチュラル美容製品といえばCBD(カンナビジオール)。睡眠の質改善や、不安を取り除くだけでなく、肌の老化予防や頭痛解消などの美容&医療効果も期待できる製品だ。日本でのブームを前に、一番人気のCBDオイルをはじめ、デジタル時代の救世主ともいえるCBD製品の基礎知識を学んでおきたい。

合法or非合法!? CBDとTHCの違い。

ALPINOLS、CBDオイル、サステナブル、オーガニック、スキンケア
CBDオイル  10ml(THCフリー) €40(参考価格)/アルピノルス www.en.alpinols.ch

CBDはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称で、ヘンプ(麻)から抽出される天然成分。多幸感を覚える精神活性成分のテトラヒドロカンナビノール(THC)は一般的に含まれておらず、THCの痕跡が確認された場合でも、精神作用や依存性はない。

ちなみに日本ではCBDが合法である一方、THCは違法(正式には0.3%以上の製品が違法)。2017年11月に発表された世界保健機関(WHO)の報告書には、「CBDは乱用あるいは依存可能性を示唆する作用を示さない」 とあり、安全性が認められている。また、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)による2018年度禁止表国際基準では、CBDが禁止薬物リストから除外されている。

ADVERTISING

使用方法や分量は!?

CBDを服用する手段として人気が高いのは、CBDオイルを飲む口内摂取。約2〜6滴を舌下に垂らし、60〜90秒待ち、残ったオイルは飲み込む方法が効果的で、成分が歯茎から血液まで送られるため、約30分ほどで効果を感じることができるという。一方、口内摂取を好まない人は、皮膚が薄く吸収力の高い、足裏の土踏まずに数滴塗る方法を取ることが多い。また、オイル製品の他にもカプセルやCBDガム、CBDチョコレート、CBDコーヒーなど幅広く展開されている。

2018年10月にローンチしたイギリスのCBD専門セレクトショップ、ザ・ドラッグ・ストア(TheDrug.Store)は、1日の服用量として17mg〜20mgを勧めているが、例え100mgを摂取しても問題はないという。ただし、分量が少ないことが原因で「効果を感じることができない」などの意見も少なくないため、個人の症状や体質に合わせて使用量を判断する必要があるようだ。

気になるCBDの健康&美容効果。

クロリス(KLORIS)、CBDオイル、サステナブル、オーガニック、エシカル、スキンケア
左から、CBDバーム £62、CBDフェイスオイル £75、CBDオイル 83£、CBDバーム 12£/クロリス www.kloriscbd.com

カンナビス(大麻)を専門にしているシェリル・バゲーリスキス博士によると、CBDがもたらす効果については、さまざまな主張があるが、ストレスや、痛み、食欲、炎症、睡眠、免疫などの身体的機能、そして肌の油分量を調節する効果があるといえるという。

ADVERTISING

健康面では、免疫システムのバランスを調整したり、強力な抗酸化作用で健康を維持し、不眠症や睡眠障害、偏頭痛、PMS(月経前症候群)、不安症の改善などの効果が立証されてきたCBD。摂取による依存性がなく、無毒であるため、アレルギーや“てんかん”などの、より深刻な治療にも使用されており、今後も医療への応用が期待されている。

また、現在ではスキンケア製品としての利点も報告されている。炎症を起こした皮膚の鎮静化&治癒、そして、ニキビや乾癬(かんせん)などの肌トラブルのケア。さらに、加齢により深刻化する肌の老化の抑制作用には大きな注目が集まっており、研究が進んでいる。

CBD裏話:世界的に注目を集めるきっかけとなった出来事。

 

CBDオイル、スキンケア、サステナブル、エシカル、オーガニック、ENDOCA、エンドカ
ヘンプオイルドロップス3%(300mg)  ¥ 5,500/エンドカ  love.21sgp.com

THCとCBDが認知されたのは1930年代~40年代だが、『ニューヨーク・タイムズ』誌によるとTHCの効果や化学構造が発見されたのは、60年代。イスラエルのラファエル・メクラーム教授によってTHCの効果が確認された後に、CBDの抗炎症作用や抗不安作用が発見されたそう。ところが、CBDが世界的に注目を浴びるきっかけとなったのは、2013年に放送されたCNNのドキュメンタリー「Weed」だった。

ADVERTISING

同番組で紹介されたのは、米コロラド州に住む難治性てんかんを患う5歳の少女シャーロット・フィギ。2歳の頃からてんかんに苦しめられてきたシャーロットちゃんの症状は悪化し、5歳になる頃には週に約300回の発作を起こしていたという。その頃、アフガニスタンに派遣されていた父マットさんが、マリファナを使用することで症状が安定した男の子の動画をYouTubeで発見。この動画を信じ、CBDの使用に踏み切ったフィギ夫婦。CBDを使用したその日から、シャーロットちゃんの発作の回数は一変、週に1回へと減り、9ヵ月後には99%の減少が確認された。

See Also

シャーロットちゃんにCBDを提供していたのは、当時からCBDの可能性を信じ、研究を進めていた7人兄弟“スタンレー・ブラザーズ(The Stanley Brothers)”。彼らは製造と研究を進め、現在ではシャーロットちゃんの名前に由来するブランド、シャーロットウェブ(CHARLOTTE’S WEB)にて、さまざまな症状に適した治療用CBDオイルやCBDカプセルを提供している。

“オーガニック”の必要性。

CBD製品には、“オーガニックヘンプから抽出した(Organic Hemp Extract)”の表記を目にすることが多いが、それには理由がある。クロリス(KLORIS)によると、CBDのもとになるカンナビス(大麻草)は、農薬や殺虫剤を含む毒素や化学物質を吸収し、土壌を清浄化する力を持っているため、地面や葉から吸収した成分は、CBDに含まれる可能性が高いという。殺虫剤などの毒性成分を体に取り込まないためにも、有機栽培などのオーガニック農法で栽培されたカンナビスから抽出したCBDを使用することが望ましい。

どんなブランドがある?

CBDオイル、スキンケア、サステナブル、エシカル、オーガニック、ENECTA、エネクタ
CBD オイル3% (300mg)€19,95/エネクタ www.enecta.com

日本ではビープル バイ コスメキッチン(Biople by CosmeKitchen)などで購入可能なCBD製品だが、世界には多数のブランドが存在し、数多くの製品やフレーバーが開発されている。アメリカでは、シャーロットウェブ(CHARLOTTE’S WEB)を始め、ジョイ・オーガニクス(JOY ORGANICS)や、ファブCBD(FABCBD)ユーヨ・ボタニクス(YUYO BOTANICS)。ヨーロッパでは、イギリス発のクロリス(KLORIS)ディサイプル(DISCIPLE)、スイス発のアルピノルス(ALPINOLS)、デンマーク発のエンドカ(ENDOCA)、オランダ産のエネクタ(ENECTA)。また、イギリスを拠点にしているザ・ドラッグ・ストア(TheDrug.Store)のように、CBD専門店も存在する。

人々の生活に浸透してきたデジタル時代の特効薬ともいえるCBD。オイルをはじめ、肌の状態を改善してくれるフェイスクリームやセラムなどのスキンケアからも今後目が離せない



Scroll To Top